計算問題

兵庫県高校入試の過去問で、最初は「計算問題」です。

大問は1問あたり3点の配点なのに比べて、単純な計算が1問4点です。

お得なサービス問題なので、7問×4点で全問正解が目標です。

項目は、

正負の数のたし算、ひき算、かけ算、わり算

分母が異なる分数のひき算

平方根のたし算、ひき算

2次方程式

角度、体積の計算

反比例のグラフの代入値

直線の式、因数分解

代表値

<頻度>
角度・体積の計算までは26~30年度まで5年連続出題。反比例のグラフの代入値は4回、直線の式と因数分解は1回のみ。
代表値は3回が計算問題で出題され、2回は大問で出題されました。
代表値が大問で出たときは、計12点全問正解が目標です。